INTERVIEW採用担当者インタビュー

牧野 良治
牧野 良治

〝変わる・変える・進む〟を楽しむ。
しなやかな改革で時代を乗り越える組織へ。

RYOJI MAKINO

牧野 良治

取締役

01〝地域をつくる〟企業として

 当社は建設会社ですが、つくっているのはモノではありません。公共事業で培ったノウハウやネットワークを活用し、インフラに留まらず、土砂災害の復旧工事、民間の施設、宅地造成、住宅の新築、リフォームなど幅広く展開。社会の生命線となる〝大きな地域づくり〟、お客様に寄り添い暮らしを二人三脚でつくる〝小さな地域づくり〟、どちらの要素も融合した総合的な〝地域づくり〟に取り組んでいるのです。いつでも「そうだ、松江土建があるじゃないか」と頼ってもらえる存在であるため、今後も多角的な展開を考えています。島根を支えるサービス業というイメージですね。

牧野 良治

02
求めるのは、挑戦をやめない改革者

 多角的な地域づくりを継続するためには、積極性に溢れたクリエティブな人間力が必要です。これまでの建設業界は、人材を枠に押し込める抑圧的な「支配型マネジメント」が主流でした。今、松江土建が進めているのは「支援型マネジメント」。新しい技術・知識や柔軟な価値観を持つ能動的な人材を登用してのびのびと能力を伸ばし、共に仕事を創生していく考え方です。技術を持って最前線で活躍してくれる人材はもちろん歓迎ですが、会社と地域にプラスとなる新技術や資格に挑戦する志も評価。地方でも、都会の大手に負けないやりがいが持てる企業があるのだと知ってほしいですね。

牧野 良治

03
生きがい・暮らしがい・働きがいを自ら創る

 建設業は徐々に変化が進んでいます。例えば国土交通省の事業は完全週休2日。働き方改革の最前線といえるでしょう。業界全体として変えるべきことも多いのですが、松江土建がリーディングカンパニーとして旗振り役をしていく所存です。
 また、松江土建ではライフワークバランスのための制度を充実させています。ライフプランが立てやすい環境なので、ぜひ並行してキャリアプランも考えてほしいです。何歳までにどんなスキルを習得するのか、それを持ってどのような仕事を成し遂げるのか、何歳で家を持つのか、教育資金は…。会社は実現のためのバックアップを惜しみません。むしろ、仕事も私生活も夢の実現に向けて能動的に動く人物でなければ、これからの時代を乗り越えられないでしょう。仕事やセクションを自ら創るつもりで邁進してもらいたいです。

牧野 良治

04
夢を叶えるフィールド

 私は大学卒業後、10年ほど大手保険会社で働いていました。転勤が多く、妻と2人の子を連れて全国を回る落ち着かない日々。「子どもたちに〝ふるさと〟をつくってやりたい」と退職。妻の故郷・松江に移住し、松江土建に入社しました。子どもたちは松江でのびのびと育ち、2人とも希望した東京の大学を卒業。1人はUターン就職し、もう1人も近いうちに帰ると言っています。豊かに暮らせ、子どもを大学までいかせてやれて良かった…と安心していたら、「松江で働きたい」と言われ驚きました。彼らの中で松江はちゃんと帰る場所になっていたんですね。
 転職によってキャリアをリセットしましたが、松江土建では会社と地域を発展させていく手応えを感じられました。家族や生活を大切にしながら、都会の大手にはない喜びを味わえる。それが松江土建というフィールドなのだと思います。。

牧野 良治

05
共に変化を楽しみ、改革し続ける組織へ

 2022年春からは新人事制度が始まります。技術力や活躍は賞与に反映し、等級は個人の役割・人間力を反映し、年功序列や上下関係に拘らない、給与面でも人間力でも認められるシステム。「働き方改革」に留まらず「働きがい改革」も進めていきます。
 現職の社員や管理職らも変革の途上にあります。これからは時代とのギャップに苦しむこともあるでしょう。そこへ若い方たちに新しい技術・知識・思考で風を吹き込んで欲しい。新卒だけでなく、同業種から、異業種から、何歳になっても成長を止めない多様な人材が集まることを願っています。

牧野 良治