土木工事のさらなる成長を目指して-Civil Engineering Business

土木事業 舗装部門

人々の暮らしを運ぶ
アクセスルートの整備

道路は今、いろいろな課題を抱えています。渋滞対策、地球温暖化対策、災害対策、交通事故対策や国際化、高齢化社会の進展への対応など、国民の多様な価値観に応じた道路づくりや管理が求められています。

松江土建舗装部門では、高規格幹線道路からコミュニティ道路までの各種のみちづくりにおいて、これらの多様なニーズを取り込んだ計画・設計を実践します。

地域社会と密着し、交通・区画・環境・施設の収容などさまざまな役割を担う生活道路。その機能は、時代の変化とともにますます多様化・複合化し、整備にも高度で繊細な技術が求められています。私たちは日々の暮らしに深くかかわる生活道路こそが全ての街づくりの原点と考え、技術の蓄積に取り組んでいます。

施工実績